今日のゼンタングル・健康・身になること備忘録 - みになる!

みになる!

生活

小さい花、短い茎の花をある物を使ってグラスにきれいに飾る方法・おすすめ花器

投稿日:

コップに生けた花

100円ショップで買ったお酒用の小さなグラスに生けた庭の花

庭の花など小さな花・茎が短い花を家の中に飾りたいときに、花瓶が大きすぎたりして上手く生けられないことってありますよね。

家にあるグラスやコップに庭の花を気軽に飾りたいなと思っても、上手く生けられなかったり。

 

この記事では、誰でも簡単に、家にある物を使って、家にあるコップを、飾りたい花にぴったりの花瓶にしてしまう方法をお伝えします。

 

私も部屋に気軽に花を飾りたいと思って、いざやってみると花のすわりが悪いというか、上手く決まらないんですよね。

どうすればいいのか調べてやってみました。

花を生ける事の初心者の私でも簡単でしたので、誰でもできる方法だと思います。

 

私がはじめて小さめの花を飾ろうとしたときは、駅前の花屋などでよく売っている500円~800円くらいの小さな花束を購入したときです。

「家にあるガラスのコップに花を入れれば上手くいくだろう。」と思っていたのですが、

実際やってみたところコップの口が大きすぎて花がだらしなくあっちこっちにばらけて、全くきれいに飾れませんでした

 

どうすればいいのか検索して見つけた方法の中にセロテープを使う方法がありました。

早速やってみたところ簡単で私にも気に入ったように出来ました。

セロテープは大体の家に置いてあると思いますし、汎用性があってとても便利です。

 

やり方は、コップの口に格子状にセロテープを貼り、そこにお花を入れるだけです。

コップの口にセロテープを貼る

家にあった琉球グラスのコップ・格子状にセロテープを貼る

これだけで、花がだらしなく広がらなくなりまとまりが良くなります。

1輪だけ飾りたいときも、茎が短い花でも、水はしっかりと茎につきますし倒れません。

 

なおテープは格子状にじゃなくてもよく、口を狭めたいときに使ったり、花器やお花の形状によって好きにできるので便利です。

すごく茎が短い花でも、茎に水がしっかり付く様に水をたっぷり目に入れて、花の頭だけが出るような形でコップにテープを留めれば飾ることが出来ます。

口を狭めるようにテープを貼った花器

セロテープで口を狭めています

 

セロテープさえ使えば家にある適当なコップがちょうど良い花器になってくれるので、新しく花瓶を買う必要もなくなります。

お花も庭の花や終わりかけの鉢花でOK。

初心者にとって費用が掛からないで出来るのは魅力的ですよね。

 

テープは透明なので全く目立ちませんし、後も残りません。

なにより気軽に上手にお花を飾れるというのがイイ!

 

お花屋さんの花束をグラスに生ける

格子状にテープを貼った青いグラス・お花屋さんのミニ花束

格子状のテープのグラスに飾った赤いバラ

格子状にテープを貼った青いグラス・庭の赤いバラ

コップに飾った庭のバラ

格子状にテープを貼った青いグラス・庭のバラ(ホワイトピーチオベーション)

 

格子状のテープを貼った青いグラスには、5~10cmくらいの茎の花を飾れますし、お酒用の小さなコップには3cm~5cmくらいの茎の花を飾ることが出来ます。

小さいとさりげなくてかわいいですし、スペースも取りません。

とにかく気軽な感じが良いんです。

 

 

特に小さな、3cmくらいの茎しかないお花を飾るのにおすすめの花器は、キャンドルホルダーやエッグスタンド、冷たいお酒用のグラスなどです。

セロテープさえあれば、あまり大きくない好きなデザインのグラスを買ってしまっても大丈夫かもしれません。

 

私はエッグスタンドが欲しくて100均にいったのですが、なかったのでサイズが近かった冷酒用?のグラスを買ってきました。

コップに生けた庭の花、大きさ

コップの大きさはこのくらい。庭のカーネーションとキク科の花

 

 

終わりかけの花は摘まないとならなかったりしますが、すぐに捨ててしまうより家の中に飾ってあげる方がいいですよね。その場も華やぎますし。

お金を掛けず、お花を楽しむ事ができるのでおすすめです。

 

あなたも是非やってみてくださいね。

 

 

-生活
-,

Copyright© みになる! , 2019 All Rights Reserved.